はじめに

プログラマでなくても、覚えると効率いいかつ簡単なコマンド命令を紹介します。

コマンド プロンプト

まずはコマンド プロンプトを開きます。検索欄でもいいですが、win+Rでcmdを打ち込めば、立ち上がります。

命令行をすべてクリア

cls

cmdを閉じる

exit

現在のdirectoryのフォルダとファイル確認

dir

dir と同じく、directory構造をツリー構造で表示します

tree

テキストファイルの内容を確認します

type ファイル名

ファイル名変更

ren 対象ファイル名 新しいファイル名

ファイル移動とdirectory名変更

//ファイル移動
move 移動するファイル名 移動先パス

//directory名変更する
move 変更前ディレクトリ名 変更後ディレクトリ名

ファイルコピー

copy コピー元 コピー先

作業directory移動

cd ファイル名
例えば: cd Desktop

一個前のdirectoryに戻す

cd..

ルートディレクトリに戻す

cd/ か cd\どっちでも使えます

フォルダ作成

作業directoryでフォルダを作成してもいいし、パス指定で作成することもできます

md フォルダ名

フォルダ削除

rd フォルダ名

ファイル作成

echo > ファイル名前と拡張子
例えば: echo > 1.csv

ファイル削除

要注意!delで削除したファイルは永久に削除します

del ファイル名
例えば: del 1.csv

コマンドの使い方を調べる

help コマンド名

最後に

今回はよく使うコマンド命令を紹介しました。また次回を楽しみにしてください。

(著:Hu

関連記事

記事はありませんでした

Deepblueでは統計やAIの平和的活用を一緒に取り組んでいただける方を募集してます。詳しくはRecruitをご覧ください。