マーケティングリサーチ


概要

アンケートやFGIなどの調査データの分析が消費者理解のための手法として多く用いられています。しかし、従来の統計手法ではデータ数に限りがあり、十分な分析が行えない場合があります。そこで調査データが十分に得られない場合に消費者理解に役立つ分析手法の開発や、SNSなど調査データ以外のデータを用いた分析手法の開発などを行っています。

活用例

少数アンケートデータに対して統計的検定を行ったが、有意性が示せなかった場合

ベイズ統計学における事後分布を利用することで確率による表現が得られ解釈性の向上が見込めます。

事後分布を利用することにより、平均値が50を上回る確率は83%というように確率による解釈性の高い表現が可能です。従来のように30~70といった95%区間の導出も可能です。

Contact


お問い合わせはメールフォームにて受け付けております。
採用応募については、「採用ページ」からご確認ください。

お問い合わせはこちら