はじめに

前回はインストールから基本の操作まで紹介しました。もう慣れたと思いますので、今回はcommitあとの修正操作を簡単に紹介いたします。

http://deepblue-ts.co.jp/tips/git%e5%85%a5%e9%96%801/

記録修正(log)

# log確認
$ git log
# 1.pyを修正
$ a = 1
$ git status
# 修正後の状態確認
$ git add 1.py
$ git commit -m "change 1"
# log確認すると、修正前後のデータが記録される
$ git log

Unstaged確認

# 差分確認
$ git diff

Staged(cashed確認)

# add によって、ファイルがstagedになり、--cashedで修正部分を確認できる
$ git add .
$ git diff --cached

Reset

# 前回のcommitにもう一つファイルをadd
$ git add 2.py
 # "--no-edit": 直接前回のcommitにマージ
$ git commit --amend --no-edit
# # "--oneline": commitごと表示
$ git log --oneline

reset add

# 例えば 1.pyをd = 3を追加して、reset
d = 3
$ git add 1.py
$ git status -s
$ git reset 1.py
$ git status -s

reset commit

# 前回のcommitに戻る
$ git reset --hard HEAD
# log commit id 表示
$ git log --oneline
#  "commit id"でcommit指定
$ git reset --hard "commit id"

一つのファイルをreset

# checkout + commit id + -- + ファイルディレクトリ
$ git checkout c6762a1 -- 1.py

まとめ

ややこしいですけど、なれると便利です。

参考文献

  • https://mofanpy.com/tutorials/others/git